税理士とは


税理士とは

税理士に依頼
するメリット


確定申告とは

税理士報酬の
相場はいくら位?


税務調査とは

相続税とは

贈与税とは

消費税とは



税理士に頼むメリットとは



●税理士に頼むメリット
税理士に税金関連業務を任せることで、税金関連の知識や人材がなくても、事業を続けることが可能となります。
自分で取引関連書類の分類わけ、記帳と呼ばれる作業、財務諸表や確定申告関連の書類の作成から、
実際に提出するまでかなりの手間と時間が必要となります。
どこからどこまでを税理士に任せるかによって税理士に支払う料金に大きく差が出てきます。

全て自分で行うと・・・
・頻繁に行われる法律改正について勉強するのはかなりの時間と労力が必要となります。
誤って解釈して申告すると、大幅な追加の税負担が課されることになります。
・自分の業務に費やす時間が減ってしまいます。月40万円の利益を出せる方で20日出勤、1日10時間勤務の人なら、
1日あたり2万円、1時間当たり2000円の時間を、利益を生まない作業に費やさなければならなくなります。
人を雇用し、税務関連業務を任せる場合には、単純な給与支給額のほか、通勤費、社会保険料(健康保険、厚生年金、
雇用保険、労災保険)なども負担が必要なので、給与の2割増し程度がさらに追加で必要です。
・節税対策が不十分で、余分な税金を支払うこともあります。

税理士に任せると・・・
・毎月の領収書や請求書、関連する通帳などのコピーを送ると税理士が代わりに記帳し、
会計帳簿や関連書類を作成・納品してくれます。
・記帳代行も任せると、各種伝票の面倒なデータの打ち込み作業をしなくてよくなります。
・先ほど挙げたように、かなりの費用となる専門スタッフを雇う必要がありません。
・税金のスペシャリストなので、節税対策も考慮した処理を行ってもらえます
・金融機関から借入を行う場合や、各種免許や許認可申請の際に、税理士に任せて作成した申告書、
決算書ということで、信用度が増し少々審査が通りやすくなります。
・青色申告を採用していなかった場合には、任せることで、65万円の青色申告特別控除という恩恵の他、
奥さんや家族へ支払った給料を必要経費にできたり、損失を3年間繰り越せたりします。

税理士に支払う費用を抑えたい場合は、記帳などは自分で行い、決算が近づいたときに、単発で依頼する方法もあります。

税務調査の際に強い味方となってもらえるのもメリットの一つである。
税金のことを知り尽くした方々による税務調査は、大変心細い戦いとなります。きちんと説明ができない場合は調査の
期間が長引いてしまったり、大幅に税額が増加してしまうことも多々あります。きちんとした説明をすませて、
本来の業務に戻りたい場合は、税法に沿って税務署に交渉できる税理士に味方になってもらうのもよい方法です。

●税理士に頼む場合の注意点
・全くすべて税理士任せにしてしまうと、税務調査や税務署からの問い合わせの際に答えられないことが多くなりますので、
多少でも良いので理解しておくとよいでしょう。
・報酬が妥当かどうか、税理士業界の相場を知っておくことも大切です。無知であるとわかると報酬をふっかけてくる
税理士もいるので注意が必要です。
北海道 北海道地方 北海道

東北地方 青森県秋田県岩手県山形県宮城県福島県

関東 関東地方 茨城県千葉県栃木県群馬県埼玉県東京都
神奈川県

中部・北陸・甲信越 中部・北陸・
甲信越地方
新潟県富山県長野県山梨県石川県
福井県静岡県三重県岐阜県愛知県

関西 関西地方 滋賀県京都府奈良県兵庫県大阪府和歌山県

中国 中国地方 鳥取県岡山県島根県広島県山口県

四国 四国地方 香川県徳島県愛媛県高知県

九州・沖縄 九州・沖縄地方 福岡県大分県宮崎県佐賀県熊本県長崎県
鹿児島県沖縄県
税理士さんをご紹介下さい!
(お問い合わせもこちら)